睡眠力とは

睡眠力とはまさしく健全に就寝に到れる能力を指す言葉です。
昼寝が得意、寝付くまで数分とかからない、こういった特技こそ言わば睡眠力の実例になります。
何だかたわいない能力に思われますが、自分の意図したタイミングで休息に移れる特技は正に才能であり、ストレス社会の現代人に求められる必須スキルでしょう。

睡眠力を上げる方法はいくつかあります。
簡単なものとしては、寝る前に読書をする事やゲームで遊ぶ事が挙げられています。
単純な漫画よりも難解な洋書や推理小説、ゲームも知力が必須なRPGやパズルが最適です。
要するに程よく脳を疲れさせるのが睡眠力を上げる方法になります。
また寝る時間の直前に温めのお風呂に入る、牛乳を飲む、リラックス効果のあるハーブティーを飲む、癒し系のアロマを用意する事も、良い対策です。

心理的に落ち着く音楽で睡眠力を上げる

睡眠力を上げる方法の一つは寝る前に、音楽を聴くことです。
音楽には人の心を落ち着かせる効果があるため、リラックスして睡眠に入ることを助けます。どのような音楽が良いでしょうか。クラシックなどの静かで穏やかな曲が向いています。激しい曲や大好きなアーティストの曲は逆にうれしくて目が覚めてしまうかもしれません。寝る前の30分くらい前に、静かに流すようにしましょう。その際できるだけ、考え事をしないことがポイントです。
睡眠力を上げるためには、寝る前にテレビやパソコンの画面を見ないようにする必要があります。カフェインなど睡眠を妨げるドリンクを避けましょう。チョコレートにもカフェインが含まれているので注意が必要です。また軽い運動やストレッチなども効果的です。

睡眠不足は喧嘩のもと!

睡眠不足は家族や友人などと喧嘩になるもとです。
仲良く穏やかに周囲との人間関係を保つためには睡眠力を上げる方法を知ることが大切です。しっかりと睡眠を取るためには、まず規則正しい生活を送ることが大切です。それはバランスの良い食事を三食しっかりと食べることです。野菜やお肉お魚などバランスの良い食事をとることが大切です。そして適度に運動することも忘れてはいけません。運動をすることで、血流がよくなります。睡眠力を上げる方法は毎日規則正しく生活を送ることです。食事をしっかりととって、運動をして、早寝早起きをすることです。そうすることで、健康が保たれて周囲と喧嘩をするようなこともなくなります。バランスの良い生活を送りましょう。

受験生は睡眠が大事!

寝る間を惜しんで勉強をする学生がいますが、それは逆効果です。受験生は寝ないでガツガツ勉強をしますが、寝ていないと記憶力の低下を招き、せっかくの勉強も頭に入っていきません。
しっかり勉強するのにはしっかり眠る必要があります。
睡眠力を上げる方法はそんなに難しいものではありません。
睡眠の質はちょっとした工夫で良くなります。
寝室は眠りにつきやすい環境にしておくべきです。
テレビやスマートフォン、パソコンなどを寝る前に見えしまうと良くありません。目が刺激を受けることで眠りにくくなってしまいます。また、アロマテラピーの眠りにつきやすい香りを嗅ぐことで、質の良い眠りにつけます。波の音を聞きながら眠るのも効果的です。少し工夫をしてみてはいかがでしょう。

長く寝る人は寿命が短くなる!?

最近のデーターによると睡眠時間が長い人の平均寿命が、そうでない人と比べて短いことを示しています。
つまりたっぷり寝れば長生きというわけではないのです。大切なことは時間の長さではなく、質の良い睡眠を取ることです。実際一日に数時間しか睡眠を取らないのに、非常に活動的で健康な人はたくさんいます。ではどのようにすれば睡眠力を上げる方法にはどのようなものがあるでしょうか。日中十分に活動することで、夜もよく眠ることができます。朝目覚めたときに、カーテンをあけて太陽に光を浴びるようにしましょう。これにより体内時計が正常に働くことを助けます。太陽に光をしっかり浴びるなら、七時間か八時間後に自然に眠気を感じるようになります。またカフェインが含まれている食品を午後に摂取することを避けなければいけません。

睡眠不足は太りやすい体質に!

睡眠を取らない方が痩せるような印象がありますが、実際はその逆で睡眠時間が少ないと肥満の原因になってしまいます。
睡眠時間が少ないと、体に脂肪をためておく成分が体の中に増加してしまい、それを続けることで太りやすい体質となってしまいます。
そうなってしまったら、どうすれば良いのか。
八時間サイクルの睡眠をとるようにしてください。
そうすることで元に戻ります。
睡眠時間がそれでは少ないと感じたら、睡眠力を上げて質の良い眠りにつくようにしましょう。睡眠力を上げる方法としては、朝起きたら日光を浴びたり、適度な運動を行ったりと当たり前のことを行うことです。肥満防止のため、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。
また、寝室を眠りやすい環境に工夫することも、大切なことです。

「寝る子は育つ」という話

「寝る子は育つ」というのは本当かもしれません…
私の友人の子供の話なんですが、両親共にそんなにサイズは大きくなくて、父親は170cm、母親は152cmといった普通の日本人!その2人の息子、高校生になる息子がなんと190cm越え、しかもまだ伸び続けているビッグマン!!両方の親も大きくなくて隔世遺伝というワケでもないらしく…。ただ、その息子さんは小さい頃からよく寝る子で、今でも8~10時間は寝るというのです!だから「寝る子は育つ」というのは本当かもしれないと言いたいのです。自分の子供を大きくしたい方は、寝る習慣をつけるように育ててみてはいかがでしょうか!?さらに遺伝も加われば確立はかなり上がると思いますけど…